過去に5年間働いていた経験があれば,家族滞在ビザから永住権を取得できますか。

藤井惠子
カーライル行政書士事務所
東京都港区赤坂2-17-12-103
Email:      keiko.fujii@carlislelaw.tokyo
Website:  https://www.carlislelaw.tokyo/
Mobile:   +81 90 6311 8496

永住権は、5年間の勤務経験だけでは取得できません。

永住権の許可要件①

永住権の許可要件は、主に3つあります。1つめは、「素行が善良であること」、日本の法律を守って、生活していることを意味します。たとえば、車を運転する方の場合、スピード違反を繰り返す、飲酒運転をしたような場合には、許可が難しくなる可能性があります。

永住権の許可要件②

2つめは、「独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること」、これは、将来的に安定した生活をするための資産や技能があることを意味し、収入の証明等の提出が求められます。尚、この要件は、申請者の世帯全体で考慮されますので、たとえば配偶者に相当な収入があれば要件を満たすことになります。

永住権の許可要件③

3つめは、「その者の永住が日本国の利益に合すると認められること」です。これは、原則として、引き続き10年以上日本に在留し、この期間のうち、就労資格または居住資格をもって引き続き5年以上在留していること、罰金刑や懲役刑等を受けていないこと、納税義務等、公的義務を果たしていること、現在お持ちの在留資格が、最長の在留期間(当面は、3年の在留期間で大丈夫です)であること、公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと、つまり、感染症等を持っていないか、ごみ屋敷のような家に住んでいないかも審査の対象になることもあります。また、年金や健康保険料の加入や支払いについても審査される場合もあります。

まとめ

尚、永住権の許可要件は、ご本人が高度専門職に該当する場合、日本人の配偶者がいらっしゃる場合には要件が異なります。
以上の要件を満たしている場合も、取得できるかどうかは、入国管理局の審査により決定されます。永住権は、大変詳細に審査されますので、より丁寧な準備が必要です。